SBS GROUP

蛍光灯破砕機のご紹介

水銀ガスを吸着除去してガラスと金属に分別
1日当たり約2万本を処理できる再資源化装置

事業所やオフィスで使用されている蛍光灯には、直管型をはじめ、環状管型、電球型、コンパクト球型など様々なタイプがあります。これらのうち、有害物質である水銀が含まれている蛍光灯については、使用後に排出者による適正な処理が廃棄物処理法で義務づけられています。

当社では使用済み蛍光灯の回収〜処理〜再資源化までを請け負うサービスを提供しています。東雲事業所には蛍光灯など水銀使用製品廃棄物専用の破砕機を導入。蛍光灯のガラス部分のみを破砕して減容し、集塵機で水銀ガスを吸着除去することで、ガラスと金属を再資源化する、というフローで処理しています。破砕機には1日当たり蛍光灯2万本超の処理能力があります。

オフィスから使用済み蛍光灯を回収する際には、専用の回収ボックスもご用意しています。
右写真の回収箱は、一度に直管型蛍光灯を約30本収納することが可能です。また、使用済み蛍光灯はオフィスゴミと一緒に回収することも可能ですので、お客様は処理費用の軽減を実現できます。


蛍光灯破砕機の仕様

・蛍光灯など水銀を使用した製品の安全で適正な廃棄処理が可能
・直管、環状管、電球型などの蛍光灯、HIDランプ、放電ランプを処理
・処理能力は、1日、蛍光灯約2万本以上
・オフィスゴミと一括回収し処理できるので事務負担や処理費用を軽減

光学選別機全景
直管形蛍光灯が30本収容できる回収ボックス
選別の様子
蛍光灯を処理する水銀使用製品廃棄物破砕機
光学選別機全景
直管形蛍光灯を破砕機へ投入します
選別の様子
水銀ガスは吸着除去され、ガラスと金属が再資源へ
メーカー セフティランド株式会社
製品名 廃蛍光管クラッシャー
形 式 RJC-2型
仕 様 メインモーター AC100V 50/60Hz 0.17KW トルク32 kgfcm
ブロアモーター AC100V 50/60Hz 0.08KW 5470 r/min
処理能力 23,400本/日
特 徴 廃蛍光ランプ等のガラスのみを破砕し減容する。 装備の集塵機で水銀ガスを吸着除去し、さらに水銀ガス吸着塔で除去。
処理可能素材 蛍光ランプ(直管、環状管、コンパクト球、電球型) HIDランプ、放電ランプ

お問い合わせ

SBS即配サポート環境事業へのお問い合わせ
環境事業部
0800-888-5383

受付: 月~金 AM9:00-PM6:00(年末年始を除く)

このページの上へ戻る