SBS GROUP

産業廃棄物サービス

廃プラや金属くずなどを収集・運搬・中間処理
自社一貫体制で安心・安全な産廃処分を実現

お客様の工場や物流センター、オフィスで発生する産業廃棄物には、廃プラスチック、金属くず、ガラス、陶磁器くず、紙くず、木くず、繊維くず、がれきなどがあります。当社では1都3県を中心に、こうした産業廃棄物をお客様の指定場所から収集・運搬した後、自社工場で分別、破砕、圧縮といった中間処理を行っています。

収集・運搬では、産業廃棄物の品目や排出量、収集する場所の制約などに合わせて様々なタイプの車両を用意するようにしています。さらに近年は環境対応の一環として、CO2や窒素酸化物の排出が少ない低公害車の導入も積極的に推進しています。

中間処理は東京都(江東区)と神奈川県(横浜市)に構える自社施設で対応する体制を構築しています。横浜事業所(横浜市金沢区)は、安定型混合廃棄物を中心とした産業廃棄物を中間処理しています。2017年には設備を刷新し、破砕能力を引き上げるとともに、破砕粒度の縮小化を実現したほか、光学選別機も新たに導入しました。

東雲事業所(江東区東雲)では2018年から蛍光灯の廃棄処理サービスをスタートしました。水銀使用製品のための専用破砕機を新たに導入。有害物質である水銀を安全に除去しながらガラスや金属を分別し、ガラスや金属は再資源化することが可能になりました。

こうして収集・運搬から中間処理までを自社一貫体制で対応できる仕組みを構築することで、お客様は安心して産業廃棄物の処理を当社にお任せいただけます。大量での一括処理から小ロットでの対応まで、お客様の個々のニーズに応じて最適な処理方法を競争力のある料金プランでご提案いたします。


お問い合わせ

SBS即配サポート環境事業へのお問い合わせ
環境事業部
0800-888-5383

受付: 月~金 AM9:00-PM6:00(年末年始を除く)

お電話でのお問い合わせ
SBS即配サポート環境事業部
TEL: 0800-888-5383

受付:月~金 AM9:00-PM6:00

このページの上へ戻る