SBS GROUP

蛍光灯を廃棄処理したい

専用設備を使って有害物質を適正に除去
ガラス、金属類はリサイクルして再利用

蛍光灯は2017年6月の改正廃棄物処理法で「水銀使用製品廃棄物」に指定されました。それによって、使用済みの蛍光灯を排出する事業者には、適正な処理が義務づけられました。処理を外部に委託する場合には、水銀使用製品産業廃棄物の収集・運搬や処分の許可(ライセンス)を有する事業者でなくてはなりません。

こうした法改正を機に、当社では使用済み蛍光灯の回収〜処理〜再資源化までを一括で請け負うサービスの提供を始めました。東雲事業所には蛍光灯など水銀使用製品廃棄物を対象にした専用破砕機を導入しました。回収した蛍光灯については、ガラス部分のみを破砕して減容し、集塵機で水銀ガスを吸着除去することで、ガラスと金属を再資源化する、というフローで処理しています。

使用済み蛍光灯の処理方法などでお悩みの場合には、まず当社までお問い合わせください。当社担当者がお客様から廃棄予定本数、製品(蛍光灯)型番、現状の保管状態などをお尋ねします。そのうえで処理費用のお見積もり、契約締結、回収スケジュールの調整などを経て、ご指定の排出場所で使用済みの蛍光灯をお引き取りいたします。

当社の蛍光灯処理サービスはすでに数多くのお客様にご利用いただいております。これまでのご利用事例は以下のページよりご覧いただけます。

蛍光灯の廃棄処理 事例


お問い合わせ

SBS即配サポート環境事業へのお問い合わせ
環境事業部
0800-888-5383

受付: 月~金 AM9:00-PM6:00(年末年始を除く)

このページの上へ戻る