SBS GROUP

段ボールの産廃処理事例:EC配送会社H社様

通販資材を資源ゴミとして回収し
廃棄コストの大幅削減に成功

再利用できない段ボール

段ボール回収 EC商品の配送業務を担うH社様では、購入者による返品などに伴って発生する使用済み段ボールの再利用や処理が課題の1つとなっていました。配送デポに集まる使用済み段ボールはサイズがバラバラだったり、破損や汚れがあったり、再利用するのが難しいものが多く、全量廃棄せざるを得ませんでした。その場合には、産業廃棄物の処理となる対象が多くなり、H社様では廃棄処理のコスト増加を強いられていました。

ダンボール回収用:コンビテナー設置 そこで、当社は、使用済み段ボールを資源ゴミとして回収することで、廃棄処理コストを低く抑える仕組みをご提案しました。H社様の配送デポの指定場所に当社のコンビテナーを設置。日々の排出量を基に回収日時を設定し、当社が定期的に回収するルールに改めました。H社様には、コンビテナーを当社の回収車両が駐車しやすい場所に置いてもらうことで、迅速な作業を実現できるよう、ご配慮いただいております。
※汚れのひどい場合や防水加工されたロウ引きの段ボール等は資源ゴミにならない為、分別の詳細について、回収開始前にご説明させていただき、開始後も判断に迷う場合にお問合せいただいています。

段ボールと一緒にオフィスで発生するゴミも同時回収

段ボールと一緒に袋ごみ回収 使用済み段ボールのみならず、H社様のオフィスで発生する可燃ゴミや不燃ゴミも同時に回収しています。それによって、配送デポやオフィスでは、段ボールやゴミ類が溜まらない、クリーンな職場環境を維持しているほか、ゴミ廃棄に掛かるコストの削減に成功しました。

また、コンビテナーの設置は、H社様の社内スタッフ様たちの「ゴミの分別」意識の向上につながっているとの報告も受けています。こうした環境問題に対する意識の高まりは、今後SDGs活動を展開していくうえで貴重な第一歩となっています。

その他の事例をご覧になりたい方はこちら

お問い合わせ

SBS即配サポート環境事業へのお問い合わせ
環境事業部
0800-888-5383

受付: 月~金 AM9:00-PM6:00(年末年始を除く)

このページの上へ戻る