SBS GROUP

発砲スチロールの産廃処理事例:家電量販チェーンG社様

発泡スチロール資材を圧縮回収
プラスチック原料として再資源化

置き場に山積みされる廃梱包材

発泡スチロールをパッカー車で回収 輸送や搬出入時の振動や衝撃から製品を保護するための緩衝材として使用される発泡スチロール。家電量販チェーンG社様の物流センターや店舗では、大型の白物家電製品などの荷受け時や、据付・設置後の持ち戻りで発生する使用済み発泡スチロール資材をどのように処理していくかが課題の1つになっていました。

発泡スチロール資材は、サイズが大きいうえにかさばるものが少なくありません。そのため、G社様では年度末などの繁忙期に大量発生する発泡スチロール資材の置き場確保に苦労してきました。また、発泡スチロール資材は産業廃棄物に該当するため、相応の処理コストも要していました。

パッカー車投入で発砲スチロールの回収頻度を削減

発泡スチロールを産業廃棄物として溶融機作業 これに対して、当社では、発泡スチロール資材の定期的な回収とリサイクル化の仕組みをご提案させていただきました。まず回収ではパッカー車による圧縮回収を展開することで、一度に排出できる量を増やし物流センターや店舗への訪問頻度を減らすことに成功しました。

発泡スチロールをプラスチック原料にリサイクル さらに、回収する発泡スチロール資材のうち、リサイクルが可能なものについては、当社の横浜事業所の溶融機でインゴット化を実施。プラスチック原料として再資源化(販売)することによって、回収処理費用の負担軽減も実現しました。

発泡スチロール資材を産業廃棄物として単に処理するだけでなく、その一部をきちんとリサイクルしていく仕組みを構築する。G社様は、当社サービスの利用を通じて環境負荷の軽減にも貢献しています。

その他の事例をご覧になりたい方はこちら

お問い合わせ

SBS即配サポート環境事業へのお問い合わせ
環境事業部
0800-888-5383

受付: 月~金 AM9:00-PM6:00(年末年始を除く)

このページの上へ戻る