SBS GROUP

蛍光灯廃棄事例:電気工事会社D社様

専用容器を使って使用済み蛍光灯を回収
自社破砕機で水銀など有害物質を除去

近年、地球環境保護対策の一環として、消費電力が少なく、耐用年数が長いLED電球やLED蛍光灯をオフィスや店舗、工場や物流センターといった事業所に導入する企業が増えています。それに伴い、役目を終えた従来タイプの電球や蛍光灯を回収、処理してほしいというニーズが高まっていますが、それらには有害物質である水銀が含まれている場合は、排出者には適正な処理を実施することが法的に義務づけられています。

電気工事会社D社様では、工事現場でのLED電球やLED蛍光灯の入れ替え作業時に、工事の依頼主から使用済みの電球や蛍光灯を引き取っています。当社が請け負っているのは、D社様が回収した電球や蛍光灯を東雲事業所(中間処理施設)に搬入。同工場に設置する「蛍光灯破砕機」で水銀ガスを吸着除去し、ガラスと金属の分別および再資源化までの一連の業務となります。

D社様の事業所には専用の保管用容器をご提供させていただいております。工事現場から回収した使用済みの電球や蛍光灯を、そのボックスで一時保管し、ある程度の量が溜まった段階で、当社が収集・運搬する仕組みです。事業所や当社処理施設での搬出入時や、トラック等での輸送時に、水銀が外部に流出することを防ぐため、使用済みの電球や蛍光灯には厳重な梱包を施しています。

人体に悪影響を与えるリスクのある有害物質の管理を徹底するとともに、使用済み製品に含まれる素材の再資源化に取り組むことで、D社様をはじめとする電気工事会社各社が掲げる地球環境にやさしい事業・サービスの推進を強力にサポートしていきたいと考えております。


お問い合わせ

SBS即配サポート環境事業へのお問い合わせ
環境事業部
0800-888-5383

受付: 月~金 AM9:00-PM6:00(年末年始を除く)

このページの上へ戻る