SBS GROUP

移転時廃棄処理事例:大手通信サービスC社様

コンプラ遵守で産廃処理を一括委託
リユース買取や文書の溶解処理にも対応

文書や帳票などの大量の紙ゴミや、不要になった什器類や備品といった産業廃棄物の処理を、支店や営業所、店舗など個々の現場に任せている企業は未だ少なくありません。しかし、産業廃棄物処理の委託先によってサービスの品質や処理費用(コスト)にバラツキがあったり、法令等のルールに従って適正な処理が行われているかどうかを確認するのが容易ではなかったりするなど、現場主導の分離発注にはリスクがあるのも事実です。

大手通信サービス会社のC社様は、産業廃棄物処理の品質やコンプライアンス遵守のレベルを全社的に均一化・高度化するため、当社への一括委託に踏み切りました。これを受けて、当社では、支店・営業所および指定場所から、産業廃棄物や廃棄書類を収集・運搬し、当社の中間処理施設で分別、破砕処理などを行い、リユースやリサイクルするまでの一連のサービスを、C社様にご提供いたしております。

取扱品目は机やイス、棚といった什器類、備品、機密データを含む文書類など多岐にわたります。C社様から廃棄依頼される不要品のうち、まだ利用できたり、中古市場で再販や再資源材としての活用(リサイクル)が見込めるアイテムについては、当社による買い取りも実施することで、処理費用の負担軽減を実現しています。

一括で委託可能な処理スキームは、C社様にとって従来は現場サイドで対応していた手続き業務の簡素化や効率化につながるほか、社会的な信用力を高めることにもなっています。また、「ゴミの処分」というイレギュラーな業務から解放されることで、支店・営業所の従業員は販売や顧客対応といったコア業務に専念できるというメリットもあります。


お問い合わせ

SBS即配サポート環境事業へのお問い合わせ
環境事業部
0800-888-5383

受付: 月~金 AM9:00-PM6:00(年末年始を除く)

このページの上へ戻る