SBS GROUP

機密データ処理事例:大手私鉄グループB社様

店舗から出る機密紙書類を溶解処理
混載回収で産廃処分コストの削減を実現

大手私鉄グループのB社様が鉄道沿線に展開する店舗では、お客様との取引で使用した書類や社内文書といった大量の紙類を、店舗がそれぞれに保管・管理しています。お客様の個人データや社内の機密データが含まれている、それら大量の文書類は、店舗スペースの有効活用という観点からも、法的ルールや社内規定に従って、定期的に処分していく必要があります。

当社では、B社様から各店舗で文書類を収集・運搬し、処理するまでの業務を委託されています。紙は焼却による処分ではなく、再生品としてリサイクル率を高めるとともに、機密データを確実に抹消するため、シュレッダー処理を経て溶解処理しています。各店舗を効率良く集荷できるスケジュールやルートを設定することで、収集・運搬のコストを低く抑えるようにし、お客様負担を軽減します。

各店舗からは文書とともに、不要になった什器類など他の産業廃棄物も回収しています。また、回収する廃棄物は形状・質量も様々な為、荷台で荷くずれしないように専用器材を使用しています。紙類とその他廃棄物をバラバラに回収するのではなく、混載するかたちで同時に回収することによって、コスト削減に貢献するとともに、排出する店舗側の対応が一度で済むようにしています。

個人や企業の機密情報は電子データだけでなく、紙からも漏えいするリスクがあります。当社ではデジタルとアナログの両媒体を適切に処理できるサービスメニューをご用意・ご提供していくことで、お客様の徹底した情報セキュリティー管理をサポートさせていただきます。


お問い合わせ

SBS即配サポート環境事業へのお問い合わせ
環境事業部
0800-888-5383

受付: 月~金 AM9:00-PM6:00(年末年始を除く)

このページの上へ戻る